円滑に勤怠チェックをする!POSで勤務時間計算スピードアップ

丈夫な食器にする

食器

飲食店では、食器が必要不可欠です。長い間同じものを使いたいと思ったら、デザインは勿論ですが耐久性のことも考慮した方がいいです。耐久性に優れた業務用食器を販売しているサイトなら、いろんな形状のものが手に入ります。

詳細へ

スペシャリストに相談

男性女性

思い残すことなく会社経営から身を引きたいなら、会社売却の手続きをしませんか。手続きは一応、セルフでできますが、手続きが複雑でわかりにくいと感じたら、専門家に相談しましょう。

詳細へ

使用遍歴は重要

店舗

大阪で店を開く際には、貸店舗なら安い費用で利用できます。しかし、立地条件が良いからと言って安易に契約をするのは避けましょう。ちゃんと物件の使用遍歴を調査してから契約を結ぶか考えましょう。

詳細へ

コスト削減の効果もある

レジ

企業が大所帯になると、所属スタッフの勤怠管理が大変になります。少人数の勤怠管理なら、ほぼ1日で済ませられるので、人事部の仕事負担が軽減されます。しかし、50名や100名近くまでスタッフ数が増加してしまうと、スタッフ1人1人の勤怠管理の計算に苦労してしまいます。末締めまでに、スタッフ全員分の勤務日数を計算しないと、給与の支払いまでには間に合いません。急いで給与支払いのための勤怠状況をチェックしたくても、どこかで計算を間違えてしまったら大変です。円滑にスタッフの勤務状況をチェックできるようにしたいなら、POSでチェックするのがおすすめです。大所帯の企業でもPOSのシステムで勤怠管理をすれば、円滑にスタッフの出勤日数を正確に計算できます。

POSは、パソコン上やタブレット画面で社員番号入力と出勤ボタンを押下すれば、出社しているかを把握できます。それに、単純に出勤状況を把握しやすいだけではありません。人事に関連するコストも削減できます。タブレットやパソコン上で管理ができるPOSシステムにすれば、タイムカードを利用しての勤怠報告をしなくて済みます。勤務時間を正確に把握するために、人数分のタイムカードを用意する手間が省けるようになるのは確かといえるでしょう。毎月のタイムカード購入のコストが削減できるので、経費に影響を与えることが無くなります。正確な時間帯で出勤が押せるのと、コスト削減につながることを考慮してPOSシステムの勤怠報告に切り替えませんか。